鱚の天ぷら

 昨日、姉宅で
きす(鱚)の天ぷらをごちそうになりました。
義兄が釣ってきた、たくさんのきすを
姉が天ぷらに。



釣ったばかりの新鮮なきすを
揚げたてで食べる天ぷら。
最高です。


子どもの頃、父が釣ってきて
おばあちゃんがお味噌汁にしてくれたのを思い出します。
お椀から尻尾がはみ出してるきすのお味噌汁。ネギが入ってて美味しかった。

自分が大人になってから
なんだか無性にきすの味噌汁が食べたくなり
お店で買ったきすで作ったら
美味しくなくてガッカリ。

なんだか臭いがしたのです。
淡白な味のイメージだったのに
こんな“におい”したっけ?と。

それを話したら、「あぁ、あるね」て。
さらに調べたら、新鮮でも
においがするものがあるのだとか。
カルキ臭がするからカルキスと呼ばれるらしい。
それに当たってしまってたんですね。


それ以来、自分で調理するのは避けてましたが
昨日の天ぷらは
とっても美味しくいただきました。
(しかも作ってもらったし。この暑い中。)


今日は台風後のフェーン現象で
37℃の暑さ。
外に出ず、じっとしてました…。



chiisana hitorigoto

小さなひとりゴト